寝ても消えないクマの正体は「たるみ」

寝ても消えないクマの正体は「たるみ」 「毎日8時間寝ているのにクマが消えない!」と悩んでいる人は多いと思います。そんな人に教えてあげたいのはクマができるのは必ずしも寝不足が原因ではないということ。


目の下にできるクマには4種類あります。そのうち寝不足でできるのは1種類で、残りの3種類は、皮膚組織の変性や色素沈着なので寝ても消えません。


色素沈着が原因のクマであれば、美白ケアを行う必要がありますし、皮膚組織の変性や劣化が原因であれば、ハリや弾力をもたらすエイジングケアを行うことが正しい対処法になります。


目の下のクマが消えないという場合、そのほとんどはクマの種類にあったケアができていないからです。 皮膚組織の変性や劣化が原因なのに、血行を促進するマッサージを一生懸命頑張っても効果がないのは当然といえば当然です。


目の下にできるクマの種類と原因をまとめたのでチェックしてみてください。

注目 青クマ
目の周りの毛細血管がうっ血してできるクマです。お風呂上りや運動した後など血行がよくなると薄くなります。寝て消えるクマはこれだけです。

注目 茶クマ
摩擦が原因でできる色素沈着タイプのクマです。上を向いても指で引っ張っても薄くなりません。

注目 黒クマ(影クマ)
皮膚組織の変性や劣化によるたるみと眼窩脂肪のふくらみが影をつくってできるクマです。涙袋より下にできて、頬が下がって見える原因にもなります。※加齢による影響が大きいです。

注目 赤クマ
下垂してきた眼窩脂肪に押し出された眼輪筋が透けて赤く見えるクマです。目の下の部分を下に引っ張ると赤みが増します。※加齢による影響が大きいです。

加齢による黒クマや赤クマはどうやって対策する?

加齢による黒クマや赤クマはどうやって対策する?

4種類あるクマのなかで、特に加齢による影響が強いのが黒クマと赤クマです。この2つのクマは原因は一緒なんですが、 目の周りの構造の違いで、黒クマになるか赤クマになるかが分かれます。


※黒クマと赤クマが混在しているケースも多いです。


黒クマと赤クマは、クマに分類されてはいますが、実際は「たるみ」なので、たるみケアを行わないといけません。


すでに何度かお伝えしているように、目の下のたるみ対策というのは、「眼輪筋を鍛えること」「肌の弾力成分を守り、強化する」ことです。


クマが濃くなって取り返しがつかなくなる前から、理想をいえば症状が出てくる前から、目の下のクマ・たるみケアに取り組めば、「イケない薬でもやってるの?」といわれてしまうようなひどい目の下のクマに悩まされることはないはず。


加齢による影響が大きいわけですが、「加齢=老化」ではないので、手をかけた分、老化は遅らせることができます。←ここ重要! 目元は構造上、どうしても老化の影響が目立ってしまうので、特に念入りにケアしてあげることが大切ですよ。


見た目年齢は目元で決まる! 目の下のたるみに効くアイクリーム<Best3>
Copyright © 2014 目の下のたるみに効くアイクリーム<Best3>~ハリ感アップの巻· All Rights Reserved·